JEESホームへ
 
機関保証制度ホームへ
 
機関保証制度のしくみ

(保証の申込みから奨学金の貸与・返還まで)

保証申込から奨学金貸与返還の流れ @ 本人が学校を通じて奨学金の申込みと機関保証の申込みをします。

A 本協会が債務を保証し、機構が奨学生の採用の決定をします。
B 毎月の奨学金の貸与額から保証料月額が 差し引かれて奨学生の口座に振り込まれます。
差し引かれた保証料は、機構から本協会に送金されます。
C 貸与終了後、奨学金の返還を開始します。

延滞した場合の流れ

 

延滞した場合の取扱

@A 奨学金の返還を延滞した場合、機構があなたに督促を行います。(奨学金(海外)の貸与を受けた場合は、連帯保証人、保証人にも督促を行います。)
 

BE  延滞した場合、及び代位弁済が行われた場合は、個人信用情報機関に延滞情報・代位弁済情報がそれぞれ登録されます。

延滞情報が登録されると、クレジットカード、自動車や住宅ローンの利用に不都合が生じることがあります。代位弁済情報が登録されると、経済的信用度が低いと判断され、これらの利用に厳しい制約を受けることがあります。

C 督促をしてもなお延滞している場合、原則1年以上経過後、機構は本協会に保証債務の履行(代位弁済)請求を行います。

D 本協会は、奨学生(本人)に代わって、機構に代位弁済します。
F 本協会は、奨学生(本人)に代位弁済額の返済を請求します。(求償権の行使)

G 奨学生(本人)は、本協会に代位弁済額を一括返済または長期分割返済します。

 返済方法については、奨学生(本人)からのご連絡により個別に対応します。
また、代位弁済額の返済を延滞したときは、年10%の遅延損害金を本協会は課すことができます。


H 悪質な延滞者に対しては、本協会が法的措置を執り、給与や財産を差し押さえます。(強制執行)
高等学校3年生等、大学等予約採用で奨学金を申し込む方(すでに予約採用候補者になっている方を含む)は、「大学等予約採用向けの機関保証制度のしくみ」についてもご確認ください。
copyright Japan Educational Exchanges and Services