JEESホームへ
 
日本語教育能力検定試験
 
 
令和3年3月25日更新
                  

  日本語教育能力検定試験は、日本語教員となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。


令和3年度の試験について
 令和3年度日本語教育能力検定試験の実施について、実施要項を掲載いたしましたので、ご確認お願いいたします。
 昨年度の試験では、ソーシャルディスタンスを配するなど新型コロナウイルス感染症拡大予防対策を講じつつ試験会場を確保して実施することができました。受験者の皆様には予防対策に係るご協力ありがとうございました。
 令和3年度の実施にあたっては、引き続き新型コロナウイルス感染症拡大の予防措置、試験会場確保及び実施体制に係る費用が増加するため、受験料を改定せざるを得ないことをご理解ください。
 万全の新型コロナウイルス感染症拡大予防対策を講じて実施を予定しておりますので、受験者の皆様におかれましては何卒よろしくお願いいたします。

出願期間
令和3年7月5日(月)から 8月2日(月)まで(当日消印有効)(予定)
試験日
令和3年10月24日(日)9:00〜16:40
受験料 14,500円(税込)
試験地(予定)

北海道 、東北、関東、 中部、 近畿、中国、九州

合否結果通知の発送
令和3年12月24日(金)(予定)

【新型コロナウイルス感染症への対策について】
 今年度の日本語教育能力検定試験実施にあたっては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止及び受験者の方の安全確保に十分配慮した上で、実施いたします。
 受験者の皆様は、必ず下記のタイトルをクリックして、内容をご確認ください。

○受験者の皆様へ(ここをクリック)
 受験前に必ずお読み下さい。

○自己ヘルスチェック表(ここをクリック)
 自己ヘルスチェック表をダウンロードして、試験当日にチェックの上、会場で提出してください。            

【お問い合わせ先】

日本国際教育支援協会 日本語試験センター 試験運営課 検定試験係

TEL:03-5454-5215 (月〜金 9:00〜17:30)

copyright Japan Educational Exchanges and Services